千本ゑんま堂 普賢象桜


里桜というのか八重桜があちこちで満開になっている。どこかに見に行こうと考え、結局、魁の後どうなっているのだろうかと思った平野神社と普賢象桜というのが気になる千本ゑんま堂が近くにあるのでこの2箇所をめざして京都に行くことにした。久しぶりに電車に乗ると新緑のいい時期になっていた。

遅咲きの普賢象桜で有名な千本ゑんま堂へは平野神社から歩いて行った。今日は茶席が設けられ夕方からの舞台の準備をしていた。普賢象桜は見頃になっていた。



普賢象桜 紫式部供養塔

普賢象桜は普賢菩薩の乗る象の鼻に似た花姿または2本ある雄しべが牙または鼻に似ていることでこの名前が付けられているという。今日はこの雄しべに注目していたが関東で代表的といわれている関山なども同じような雄しべを見つけたので特に連想しやすいのだろう。

1386年に建立されたという重要文化財の紫式部供養塔の周りに普賢象桜は咲いていた。案内板には千本の名前の由来も書いてあり、かつて千本桜があったことと千本卒塔婆に由来するとなっていた。



画像


普賢象桜と紫式部供養塔 千本ゑんま堂


画像


普賢象桜 平野神社

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 平野神社へお花見

    Excerpt: 古くから有名な場所で いまさら説明も必要ありませんが… 境内に数十種類の桜があり、平野の夜桜で有名です。 この時期だと人も少なくゆっくりと見られます。 さすがに、ソメイヨシノは散っていました.. Weblog: 「四季や」店主の京のできごと racked: 2007-04-22 19:51